引っ越し情報センター

夜逃げ!?緊急避難としての引っ越し業者選び

誰だって、幸福な人生を望むものです。でも、そうもいかないのが人生でもあります。不幸にして、これまでの人生をかなぐり捨てなければ、出直せない、そんなときもあります。
昔、そんな人生の持ち主達が出直すのを手助けする引っ越し業者の活躍を面白おかしく描いた映画がありました。実話をもとにした小説の映画化です。覚えていないという方も「夜逃げ屋」という言葉を聞けば、なんとなく思い出されるかもしれません。でも、くれぐれも言っておきますが、夜逃げは場合によっては違法です。


<それでも安全安心に暮らすために>

ただ、近年、DVやストーカー被害などで、ひとにわからないように引っ越しをしたい、しなければ危ない、そんな悲しい事態に陥ったひとびとがいるのも残念ながら本当です。そういった方々の引っ越しを引き受ける引っ越し業者もちゃんと存在します。それも、弁護士の方を通じて紹介されることもあるぐらいちゃんとした会社として営業されています。逆に、こういった問題は然るべき行政の機関に相談をして、緊急避難的措置として極秘に引っ越しをしてもらえる引っ越し業者を紹介してもらったほうが、あとあと有利にことが進むと思います。ひとりで悩むより、第三者に入ってもらい法的に正しい措置をしておいたほうがより安全で安心に暮らしを再スタートすることができます。


<弱り目に祟り目?費用の問題>

とにかく、精神的にも、いのちにも関わるような問題を抱えている場合、一刻もはやく現状から逃げなくてはなりませんが、通常の引っ越しとは違います。リスクを伴うだけに、費用が若干高くなります。20万円から、というのが相場です。でも、緊急であり、大体において、DVやストーカー被害であると、女性や子どもがその対象であることが多いです。お金はありません。まさに弱り目に祟り目です。でも、ここでひるんではいけません。前述したように、公の機関に相談すれば、支援金なども期待できますし、そういったところの紹介の引っ越し業者なら、あとあとの支払いや、ローンも検討してもらえます。まずは、相談を。

引っ越し業者…引っ越し業者の比較検討するなら「引っ越し業者の検索ちゃん」から!

2014年1月23日 at 4:32 PM Comments (0)